住宅の増改築やリフォームは全体像を考えて

無計画な増改築は本当にやめた方がいいと思います。それはもう実体験からも思うことですよね。うちの実家がまさにソレなのですが、「後何年使うかもわからないのに、こんなに高い住宅設備をいれてー」という状態ですから。

実際にもう老人ホームへと入所した祖父母の居住フロアに、やたらと高いハイスペックなバスルームを入れていたりしましたから。また、増築をするにしてもちゃんとデザインだとか機能面において、家の全体像から考えていないものですから、迷路みたいな住宅になってしまっているのですよね。

そしてこの度、私たち娘夫婦と同居をする話が持ち上がってはいるのですが、私の希望としてはいっそのこと更地にしてから新しい家を建てたいのです。けれどもリフォームしてからまだ年数が経っていませんから、まあ率直に言って「もったいない」のですよね。

けれども家の設計デザインがわりとぐちゃぐちゃしていますから、快適な生活のためにも一から建て直したいのです。そのようなことを練馬区の工務店にて相談したら「新しく建てた戸建てで設備や建具などを再利用することができる」ということで、今イチから建て直す方向で話を進めようかと考え中です。

しかしまあ、元はと言えば無計画な増改築により色々と問題が出てきているのですから、くれぐれも無計画な増改築はしないようにと、みなさんに言いたいですね。とくにリフォームをする際には「後、何年使うのか?」といったことを考えるべきでしょう。無駄に高い設備を入れてもほとんど使わないまま終わることになりかねませんから。