意外と重要な電源(コンセント)の設置場所

家の中では100%コンセントから電気を取って利用しない人はいないでしょう。普段は何気無く使用しているコンセントですが、実は後から場所を移すとか増設するとかは面倒な作業になります。当然ですがお金もかかります。できれば「ここに電源があって良かった。電源設置しておいて正解だった」としたいですよね。建売住宅ですと既にコンセント位置は決められていてその家のコンセプトに則った配置となっていますが生活する人が必ずしもコンセプトに合っているとは限りません。なのでこれも自分のライフスタイルに合わせた形で設計時に配置を決めることが出来るのがベストです。例えばリビングでも和室でもテレビを置きたい位置は人によって違います。電源の位置が決まってしまえば自ずとその範囲でしかテレビはおけません。ただ設計時に自分の好きな位置に設置すればあるいはどこでも大丈夫なように可動式のものにしておけばテレビの置く位置が電源の位置に縛られずにすみます。結果自分の好きな場所に置けるので言うこと無しです。注文住宅で無いとこの発想は難しいかもしれません。